【宜蘭観光】マニアックなDIY「林午鐵工廠」でミニ銅鑼(どら)を作る

みなさん、銅鑼(どら)って聞いたことありますか?

ⓒWikipedia

銅鑼とは、写真のような打楽器の一つ。仏教の法要や民俗芸能の囃子、歌舞伎下座音楽などで使用されるそうです。

今回は、ミニ銅鑼が作れると聞いて、宜蘭県の「林午鐵工廠(リンウー鉄工場)」に行ってきました!

スポンサーリンク

林午鐵工廠(リンウー鉄工場)

林午鐵工廠(リンウー鉄工場)は名前の通り、本当に工場です!フェイスブックを通してDIYの予約をしていたのですが、あまりにもTHE工場な外観のため、本当にここでDIYが出来るのか不安になってしまいました(笑)

本当に入っていって良いのか迷いつつ、とにかく工場の奥にすすみます…。

工場の脇には銅鑼が!小さな銅鑼から大きな銅鑼までがぶら下がっており、すべてドレミファソラシド~♪の音になっているんです!

こちらの楽譜の通りに叩けば、音楽が奏でられました♪

ミニ銅鑼DIY

工場の奥にスタッフの方がいらっしゃったので、予約があることを伝えます。きちんと予約が入っていてよかった!(笑)

今回製作するのはこちら!ミニ銅鑼と言っても、見た目はアンティークなストラップといった感じです。

まずは好きな紐の色を選ぶところからスタート。

作り方の説明もありました。このペラペラの鉄の固まりが、銅鑼になっちゃうんですね♪

基本的に、難しいところは工場の方がすべてやって下さいます。こういった作業を目の前で見ることなんてないので、目が釘付けに!!

簡単そうな作業は(鉄をたたいたり等)させてもらえましたよ。

そして、最後はこちらの機械で鉄を磨くとピカピカに!!

気がつけばすでにミニ銅鑼の形になっており(笑)椅子に座りながら好きなビーズを選んで仕上げの飾りを決めていきます。

こんな感じの可愛らしいストラップが完成です!作ったミニ銅鑼は早速部屋のドアノブにかけて飾っています♪

まとめ

なかなか渋めのDIY“ミニ銅鑼”作り。工場の方たちはとても親切で、最後は巨大銅鑼の前で写真も撮ってくださいました。

台湾でちょっと変わった体験がしてみたい、という方におすすめのDIYです。

以上、「【宜蘭観光】マニアックなDIY「林午鐵工廠」でミニ銅鑼(どら)を作る」の話題でした。

林午鐵工廠

住所   宜蘭縣宜蘭市中山路三段310號

電話   03 935 7358

営業時間   月曜日~土曜日9:00~17:00(11:30~13:30はお昼休み)

DIY料金   200元/一つ ※以下URLから予約可能

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする