台湾と言えば漢方?台南では漢方の観光工場も見学できる!~立康中草薬産業文化館~

台湾の人々の生活に深く深く根付いている『漢方』。

町のいたるところに漢方を扱う薬局があり、漢方医もたくさんいらっしゃいます。

個人的にはいまだに苦手な漢方(匂い、味ともに…)ですが、夫は少し体の調子が悪いなと思えば漢方医に診てもらっています。

台南は永康区にある立康中草薬産業文化館は、漢方の観光工場。

入場料はなんと無料!無料で漢方を学ぶことができる施設です♪

施設の全体図。

特に予約はしていなかったのですが、私たちが着くと入り口の警備さんが案内係の女性を呼んできてくれました。

こちらが渡された入館証。首からかけるように言われます。

案内係の方にロビーまで連れて行ってもらい、しばらくしてから他の観光客何名かとグループになりガイドツアーが始まりました。

なるほど、ここでは自由に観て回れるわけでなく、グループごとに案内係がつくようです!

スポンサーリンク

ガイドツアースタート

ガイドの内容は、漢方の起源に始まり、歴史、使用する機械などについて。

う~ん、これは漢方に興味がないとつまらないかもしれません(笑)

歴史を感じさせる古い資料や、そろばん等。

こちらの漢方のカウンターまでが、撮影可能な範囲です。

ガイドの時間自体は約15分ほどだったと思います。その後はロビー(お土産店兼)へ。

せっかく来たので、紀念に香りのよい石鹸をお土産に買ってきました♪

写真がないのですが、かなり大きめのサイズで100元ほど

顔も全身も洗えて美白効果もあるとのこと!漢方の工場だけに効果がありそうですね。

立康中草薬産業文化館

住所 台南市永康區環工路29號(永康工業區)
電話 886-6-2335356
参観時間 8時~17時半
※予約なしでも入れました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする