台南で美術鑑賞 ロダンに彫塑 ルネッサンス芸術に触れることのできる奇美博物館

前々から行きたかった、台南にある奇美博物館。

実は事前に予約が必要な博物館で、行こうと決めたときにはもう予約でいっぱい…と行けずじまいになっていたのでした。

台風が過ぎ去った直後ということもあり、天気は曇り空。よく見ると木が斜めになっていますね…。

それでも、ヨーロッパを感じさせる立派な建物は圧巻です!

事前に予約をしているので、博物館の入り口で予約票を見せて中に入ります

傘は持って入ることが出来ないので、入り口付近にある傘立てに置いておきました。

館内は撮影が一切禁止なので写真がないのですが、博物館を入り右手にチケットブースがあるので、入場券と引き換えてもらいます。

日本語のパンフレットも用意されていましたよ♪

博物館の一階は、兵器ホール、動物ホール、ロダンホールと分かれており、兵器ホールでは日

本の甲冑も展示されていました。

一つ一つのホールがかなり広く、見どころも沢山あるので、ゆっくり鑑賞しようと思うと結構

時間がかかります

そして二階は、芸術ホールと楽器ホールの二つに分かれています。

芸術ホールではルネサンスをメインとした絵画を鑑賞することができました。

個人的には、台南にはあまり芸術のイメージがなかったのですが、貴重な作品がたくさん

展示されていてびっくりしました!

今回急ぎ足で観たので、隅々まで観ることができませんでしたが、また行ってみたいなと思える博物館でした。

奇美博物館
※上リンクから日本語でチケットの予約可
住所   台南市仁德区文華路二段66号
開館時間   9:30 am~5:30 pm(月曜休館)
チケット 一般200元 学生・65歳以上150元

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする