移民局で居留証の住所変更をしてきました。

こんにちは、タピオカぷりんです。

実は1か月ほど前に引っ越しをしまして、居留証の住所の変更に移民局に行ってきました。

わざわざ移民署まで行くのは面倒だなと思っていたのですが、きちんと手続きしてよかったです。というのも、引越から15日以内に住所変更をしないと、2000元の罰金だそう…。

実は引越から1か月も過ぎていたのですが、今回は大丈夫だから次回からは気をつけてねとのことでした。無知って怖いですね…。

スポンサーリンク

住所変更に必要なもの

・申請用紙(移民署で書いてOK)

・居留証

・新しい家の契約書(中国語で租契 zū qì)とそのコピー

・家の契約者のサイン(例えば旦那さんの名前で家を借りている場合に必要)

以上の4点です。

証明写真は必要なく、手数料も無料とのことでした♪

手続きの流れ

移民署に行き、受付で番号と申請書をもらいます。それから申請書に必要事項を書き、番号を呼ばれるのを待つだけ。

私は夫と一緒に行ったので、その場で「私は妻○○と○月○日に○に引っ越しました。姓名」といった感じのサインを書くように言われていました。

家の契約者名が自分じゃないという方は、念のため契約者(旦那さん等)と行ったほうが良いかもしれません。

新しい居留証が出来るのは、約20日後でした。意外とかかりますね!

まとめ

後回しにしていた居留証の住所変更ですが、本来なら罰金もかかることもあるそうなので、早めに済ませておくのが吉ですね。

2016年12月の情報なので、住所変更される方は、準備するものなど一度移民署に電話で確認してみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする