関税で3000元(泣)日本から台湾へ荷物を送るときは関税に注意!

こんにちは、タピオカぷりんです。

今日は、タイトルの通り関税で3000元(日本円でいうと11,000円ほど)支払うことになってしまったお話をしたいと思います…。

スポンサーリンク

オーブンが欲しい

事の発端は、オーブンが欲しいと思ったことから始まりました。

結婚し、台湾に移住してからは、台湾で買えるものは極力台湾で買い、日本から持っていくものは極力少なく!を心がけてきたのですが、オーブンが欲しいのに、台湾のオーブン(オーブンレンジ)が、めちゃくちゃ高いのです!

レンジだけの機能のものは比較的手頃な値段で販売されているのですが、オーブンレンジとなると、私が知る限りはほとんど日本製のみで、種類も少なく、とっても高い(泣)

という事で、結局日本へ帰国したときに購入し、それを船便で送ってから台湾に戻ったのでした。

待ちに待ったオーブンが到着!でも関税が(泣)

約2週間ほどでオーブンが到着!

これで色んな料理が作れると喜んだのもつかの間、「税金の3,187元お願いします!」の声で夢から覚めました(笑)

3,000元!?3,000元って、円安の今は日本円で1万円ぐらいですよ!

気になる税金の計算方法なのですが、写真の一番上の595元が輸入税で、商品価格(オーブン)を台湾元に変換し、それに税率0.05%をかけた数字のよう。

その下の貨物税はパーセンテージが空欄になっているので不明ですが…、営業税の計算の仕方は、(商品価格+輸入税+貨物税)×5%だそう。

オーブンが大体3万円ぐらいだったので、関税は10%ぐらいかかると考えればいいのかもしれません。

例えば2万円のものを台湾に送ったら、関税は2,000元くらいになるということですよね。

とにかくびっくりな痛手でしたが、船便で長い間かけて運ばれてきたのに壊れているところもなく、電圧も問題なし!しっかり使えています

関税を考えたら、台湾で買った方がいいかも?

税金込みで、今回かかったお金が日本円で4万円ちょっと。台湾で購入するのとあまり変わらなかったかもしれません。

それでも、日本製のオーブンは台湾で人気がありますよね!一体どうやって台湾に持ち帰っているのでしょうか…。飛行機の預け入れ荷物?そういえば飛行場で見た気もするなぁ。

まとめ

日本から高価なものを送るときはしっかり税金がかかります!当たり前のことですが、今まで高額な荷物を送るようなことがなかったので勉強になりました(^^;)

家電など、台湾で買うか日本で買うか迷ったときは、税金を含めて考えないとだめですね。

以上、「関税で3000元(泣)日本から台湾へ荷物を送るときは関税に注意!」という話題でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする