居留証を更新してきました!必要な書類、手続き方法など(国際結婚専用)

みなさん、こんにちは。タピオカぷりんです。

国際結婚手続きと居留証申請に頭を悩まされたのも去年のこと。こんな手紙がある日突然送られてきました!

もう居留証を取得してから1年が経つのかぁなんて感慨に浸っている間もなく、手紙には期限内に更新しないと2000元から10000元の罰金と書かれています。

更新が出来るのは、居留証の期限が切れる30日前からなのですが、私は居留証の期限より30日前に更新しないとアウトと勘違い!

もう期限過ぎてる!!と勝手にてんやわんやになり、藁にもすがる思いで夫に移民署に確認してもらったのですが、更新は期限が切れる日までにすればOKとのことでした。

いや~本当に良かった。

ただ、期限が切れるまでならぎりぎりでいいかなと先延ばしにしていたりすると、土日祝で移民署が閉まっていたりという事も考えられるので、早めに更新しましょう!

スポンサーリンク

更新に必要な書類

更新時に持参した書類等は以下の通りです。

・パスポート原本

・居留書原本

・パスポートと居留証のコピー(白黒でOK。移民証のプリンターでも印刷できます。)

・写真1枚(サイズ4cm x 5cmで背景が白いもの。)

・結婚が証明できるものとそのコピー(私は台湾の入籍時に取得した戸籍謄本を持参)

・手数料(1年1000元/2年2000元/3年3000元)

以上を持参しました。

更新の申し込み用紙は、移民署でもらえるのでその場で書き込みます。

※わからなかったら親切なボランティアの方が教えてくれますよ♪

更新手続き

申込用紙を記入し、番号札をとって自分の番を待ちます。呼ばれたら、担当の方に書類等を渡し、「何年更新しますか?」と聞かれます。

今回更新できるのは、1年、2年、3年の三種類。私は勿論最大の3年を選択。

手数料をその場で払い、あっという間に手続きが完了しました。

新しい居留証は2週間後に出来ると言われ、引き換えの書類を受け取れば終了です。

ちなみに二回目の更新は、初めて居留証を申請した時のように台湾人の奥さんや旦那さんを連れて行かなくてOK。

新しい居留証をゲット

二週間後、新しい居留証をもらいにまた移民署へ行ってきました。

持ち物は引き換えの書類と古い居留証原本のみ。

番号札はとらずに、カウンターに行き引き換えの紙と居留証を渡し、新しい居留証を受け取ったらサインをして完了。

なんて簡単なんでしょう!これで、ここ3年はしばらく手続き関係に頭を悩まされずにすみそうです!

【このブログの内容は、2016年8月の情報です。】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする