【大稻埕】レトロ可愛いお土産の宝庫!「新芳春行」で休憩がてらにお土産チェック

こんにちは、タピオカぷりんです。

台北の「大稻埕」という地区にある、「新芳春行」という古い博物館のような建物が、レトロで可愛いお土産の宝庫だったので、是非ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お茶の博物館「新芳春行」

こちらの三階建てのレトロな建物が「新芳春行」。日本統治時代に建てられた建物だということです。

昔はお茶の工場として使用されていたそうなのですが、今ではカフェを併設したお茶の博物館のようになっています。

様々な展示がされており、写真が撮れるようなスポットもありました。

おすすめはお土産売り場

お茶の博物館+カフェとなっていますが、一番のおすすめは1階奥にあるお土産コーナーです。

レトロな缶に入ったウーロン茶は280元。

お茶の博物館ということで、お土産売り場はお茶一色♪

これは一袋50元!パッケージもレトロで可愛いくてプチプラなのでばらまき土産によさそうです。

リボンで可愛くラッピングされているものもありました。

お茶以外では、こんなレトロ可愛いポーチもありましたよ。

お土産コーナーの横には、カフェの一角が。

お勧めは東方美人茶です。くせがなく日本人にも飲みやすい味だと思います♪

2階3階はレトロな展示場

2、3階はレトロな雰囲気が心地いい、展示場になっています。

インスタ映えの写真も撮れるかも!?

こちらは2016年に放送された台湾ドラマ「紫色大稻埕」の撮影セットだそうです。

てっきりもっと昔のものかなぁと…。

モダンガールのようなスタイルで可愛いですね。

元お茶工場ということで…

元お茶工場らしい、こんな展示もありました。

時代を感じさせますね…!!

まとめ

入場料は特になく、館内を自由に観て回れ、疲れたらカフェで休憩。可愛いお土産もゲットと観光におすすめの「新芳春行」です。

以上、「【大稻埕】レトロ可愛いお土産の宝庫!「新芳春行」で休憩がてらにお土産チェック」の話題でした。

新芳春行(Sin Hong Choon)

住所   台北市大同區民生西路309號

電話   0923-613-316

営業時間 9:00- 17:00※月曜日は定休日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする