【食べ比べ】お土産にも!台湾に来たら是非チェックしたいスナック菓子5選

こんにちは、タピオカぷりんです。

今日はコンビニやスーパーで手軽に買える、台湾のスナック菓子をご紹介したいと思います♪

お値段も安いので、ちょっとしたお土産にもおすすめですし、小腹が空いたときにホテルでちょっと食べてみるのも面白いのではないでしょうか☆

スポンサーリンク

7-11限定!定番中の定番「蚵仔煎」

台湾7-11のキャラクター“オープンちゃん”のパッケージのこちらは、台湾の代表的小吃「蚵仔煎=カキ入りオムレツ」味です。お値段は25元。

そこまでカキ入りオムレツの味が忠実に表現されているわけではないのですが、クセになる味です!私の父も大好きで、結構ファンが多いポテトチップスです。

台湾人なら誰でも知ってる「可樂果」

「可樂果」は台湾人なら誰でも知っている、昔ながらのスナック菓子。

写真のものはオリジナル味です。

どこか懐かしい味で、あっさりしているので一気に食べてしまいました。

スパイシー風味や塩味、バジル、チーズ味などなど可樂果は色んな味が出ているらしく、夫のおすすめはガーリック味とのこと。

今度見つけたら買ってみたいと思います♪

台湾版のカール?「乖乖」

こちらの「乖乖」はカールのような食感で、味はほんのり甘い奶油椰子=ココナッツ味。

お値段は20元です。

「乖乖」はパッケージの裏にも書いてある、オリジナルソングがあり、台湾の幼稚園で歌ったりすることがあるのだとか!可愛いですよね♪

こちらも有名!「卡廸那」

「卡廸那」は日本でも食べたことがあるような、シンプルな塩味のポテトチップス。

一つ一つが小さいので、食べやすかったです。お値段は25元。

台湾らしいものが食べたい!という方にはちょっと物足りないかも。

番外編!ラーメンだけどスナック菓子としても「科学麺」

こちらはラーメンなのですが、スナック菓子として食べるのが台湾人風です!

食べ方はというと、付属のパウダーを入れ、袋の上から麺をバラバラにします!たったそれだけ。

日本でいうとベビースターラーメンのような感じでしょうか。

お値段も10元とお安いので、試してみて下さい♪意外とクセになりますよ!

まとめ

ちょっとお土産にするとかさ張ってしまいますが、台湾に来たら是非食べていただきたい台湾のスナック菓子。

以上、「【食べ比べ】お土産にも!台湾に来たら是非チェックしたいスナック菓子5選」の話題でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする