リモワのスーツケースの鍵が開かなくなった!台湾リモワで鍵交換してきました

こんにちは、タピオカぷりんです。

学生時代にバイト代を貯めて購入したRIMOWA(リモワ)のスーツケース。思い入れのある大切なものだったのですが、日本と台湾で二回鍵が開かなくなるというトラブルにあい、最終的には台湾リモワで鍵交換をしてもらってきました。

スポンサーリンク

トラブル①日本の空港で鍵が開かない!

台湾へ出国する時だったのですが、スーツケースに荷物を入れようとすると、合っているはずの暗証番号でも鍵が開かないのです!

しばらく夫に貸していたので、勝手に番号変えたのかなと思ったのですが、夫は変えてないとのこと。

どう頑張っても開かないので、空港のインフォメーションで、スーツケースの鍵を開けてくれるお店はないか聞いてみました。

すると2店舗あると教えて頂き、無事に空港内の鞄屋さんで暗証番号を開けてもらうことが出来ました!

元々の暗証番号が例えば558だったとすると、448に暗証番号が変わってしまっていたそうです。リモワの鍵にはよくあることなのだとか…(・・;)

因みにこのときの代金は1000円でした!もっとかかるのかなと思っていたので、本当に助かりました!!

空港で鍵が開かなくなってしまったときは、まずインフォメーションで聞いてみましょう!

トラブル②台湾でも鍵が開かなくなる…

日本で鍵を開けてもらった店員さんから、「鍵が壊れかけているので、もうこの鍵は使わない方が良いですよ!新しいスーツケースを買われた方が良いかと思います。」とアドバイスをいただいていたのにも関わらず、また鍵をかけてしまい、また開かなくなってしまいました…(´;ω;`)

途方にくれてネットで検索してみると、台湾リモワに持っていったら開けてもらえたとの情報が!!

早速台湾のリモワショップに持っていくと、とっても感じの良い店員さんが対応してくれました!

「鍵が壊れているので新しい鍵に交換した方が良い」とのことで、鍵を開けるのは無料(!)新しい鍵へは1500元で交換してもらえることになりました♪

閉店間際にスーツケースを持って行ったのにも関わらず、次の日のお昼前には修理完了の連絡が!しかも、剥がれていたリモワのシールも新しいものを貼ってくれたそうです。

こんなに仕事が早いと、旅行者の方でも大丈夫ですよね♪

まとめ

思い入れのあるリモワのスーツケース、まだまだ長く使っていけそうです☆

以上、「リモワのスーツケースの鍵が開かなくなった!台湾リモワで鍵交換してきました」の話題でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする