【台湾の日焼け止め事情】台湾女子もやっぱり美白命!

こんにちは、今年の夏もやっぱり日焼けしてしまったタピオカぷりんです。

台湾の夏は長く、日差しも強く、美白を死守するのは相当気を付けていないと難しいです(泣)

もうすでに黒くなってしまいましたが、来年に向けて、また台湾に観光に来られる方の参考になればいいなと、台湾の日焼け止め事情をお話したいと思います。

スポンサーリンク

台湾女子も美白命!!

台湾女性のお肌と言えば、すっぴんでも平気なくらいの美肌!そして暑い南国にも関わらず、意外にも美白の女性が多かったりします。

色白の女性のほうがモテるそうで(夫情報)暑い中バイクを運転するにも、パーカーを反対に着て腕の日焼けをカバーしたり(よく見るのですが、わかりますか?汗)日傘率も高く(折り畳み×普通の晴れ傘が多い。おじさんも普通にさしている!)町には美白化粧品が溢れています♪

台湾の日焼け止めは総じてSPF値高め

ちょうど日本から持ってきていた日焼け止めのストックがなくなってしまったので、台湾で日焼け止めを購入してみることにしました。

いつも日本のものを使っていたので、何気に初めてだったりします(笑)

COSMED(康是美)

コスメドはオレンジ色の看板が目印のドラッグストア。

ブルーの看板のワトソンズと並んで台湾の二大ドラッグストアです。町のあちこちにありますよ♪

日焼け止めコーナーを見てみると、ぱっと目に入るのがすべてSPF50!!!

強力な日焼け止めばかり並んでいます。日本だとSPF28~低めの日焼け止めもそろっていますよね?

日本で見かける日焼け止めの台湾バージョンがたくさん売られています。値段は259元などで、円安の今は高く感じてしまいますね(汗)

SPF30!私が使っていた日焼け止めも売ってありました。日本のものと見た目は同じですが、台湾仕様になっています。が、製造地を見てみると中国製だったので購入には至らず…

日本と同じものが売っていますが、日本のものは日本製でも、台湾で売られているのは中国製などが多い印象でした。

トモズ(Tomod’s)

もう一か所見てみようと、日本から来たドラッグストア・トモズにも行ってみました。

トモズはコスメドほど店舗数は多くありませんが、主要駅(台北駅・中山駅・民権西路駅など)には駅の中orすぐそばにお店があります。

日本製の商品が多いのが特徴。

ラインナップ的にはほぼ同じ!

こちらの方が少し安いものもありました。写真にはありませんが、パッケージから全て日本語の完全日本製のものもあります。ただ、かなり高い(泣)

お高い純日本製は買えないので、こちらのメンソレータムのSPF50のものを購入しました。

台湾仕様なので、よく見ると製造地はベトナムでした!

使用感は日本で売っているものと変わりません!製造地がベトナムで、パッケージがすべて中国語というだけですね。

199元でしたが、トモズのポイントがたまっていたので150元で買えました♪

日本の化粧品が揃う「Tomod's藥妝店 」で会員カードを作成。日本でも割引に!
こんにちは、タピオカぷりんです。 先日はSOGOなどのデパートで使えるHAPPY GOカードを作成しましたが、今回は「Tomod's藥...

まとめ

台湾でもたくさんの種類の中から日焼け止めが買えます。

SPF値は低めがいいor日本製じゃないと不安…という方は日本から買ってきたほうがいいかもしれません。

以上、「《台湾の日焼け止め事情》台湾女子もやっぱり美白命!」の話題でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする