【台南観光】台南にある寺院「南鯤シン代天府」で見かけた痛そうな儀式の話

こんにちは、タピオカぷりんです。

台南旅行で訪れた寺院・南鯤鯓代天府(なんこんしんだいてんふ)では、おじさん達がこん棒で背中を殴り合うという衝撃的な儀式(!?)を見かけたので、お寺の紹介とともにブログに書いておきたいと思います…!

スポンサーリンク

南鯤シン代天府

南鯤シン代天府は、台南市北門区にある大きな寺院です。

お寺につくと、黒山の人だかりが…!!

みなさん神様のような人形をかかえています。

御神輿もありました。そして、みなさんの目線の先には…

背中が赤くなっているおじさんと…

こん棒を振り上げているおじさんでした…!!!

テレビカメラも数台きていました。

よく見ると、こん棒で背中をたたき、我慢比べのような儀式をしているようでした…。

こん棒はトゲトゲで、見るからにかなり痛そうです(汗)

たたくと言っても、こん棒で背中をトントンとされている感じでしたが、やっぱりどう見ても痛そうでした。

夫に聞いたところ、昔ながらの儀式だそうで、しかし名前は忘れてしまったとのこと。

検索しても見つからず…一体何という儀式で、どういう意味合いがあるのでしょうか。謎が深まるばかりです(笑)

寺院内を観て回っていると、いつしか儀式は終わっていました。

大鯤園は要チェック!

南鯤シン代天府の敷地内にある「大鯤園」という大きなお庭は、見どころたっぷりで是非おすすめしたい場所です。

どことなく千と千尋の神隠し風の通りや、きれいな景色が一望できてしまいます♪

先ほどの背中をこん棒でたたく衝撃的な儀式で少々動揺していましたが、自然いっぱいの庭を観たらリフレッシュできました(笑)

まとめ

南鯤シン代天府を訪れたのは端午節という連休頃だったので、上のような儀式があったのかもしれませんね!

以上、「【台南観光】台南にある寺院「南鯤シン代天府」で見かけた痛そうな儀式の話」の話題でした。

南鯤鯓代天府(なんこんしんだいてんふ)

住所 台南市北門區鯤江村976號

電話 06-7864711

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする