【宜蘭観光】子供受け抜群間違いなし!積木博物館~Brick Art Museum~

こんにちは、タピオカぷりんです。

ブログでもたまに記事にしている宜蘭県(イーラン県)ですが、今回は子供受け抜群であろう、積木博物館に行ってきたので記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

積木博物館~Brick Art Museum~

積木博物館というと、積み木=木で出来た玩具をイメージしてしまうのですが、宜蘭の積木博物館は、木というよりもプラスチックで出来たブロックの博物館といった感じです。

博物館の前にはブロックできた牛やパンダなど、可愛い動物たちがたたずんでいます。

まるで水の中に浮いているような、可愛い亀もいました♪

入場料は一般200元で、DIY料金と飲み物代が含まれているのでお得感があります。

2歳以下or身長90cm未満のお子さん、75歳以上のお年寄りの方は入場料無料とのことでした。

館内に入ると、まず迎えてくれたのは大きなパンダとミニオンです!

アイスエイジのリスと小さなミニオンがいっぱい…!小さいのから大きいのまで、これが全部ブロックで出来てるというのだからすごいですよね!

館内は撮影OK!!

館内は撮影OKですので、あちらこちらで記念撮影をしている人がいました♪

私もたくさん写真を撮ってきたので、ご紹介したいと思います。

カラフルなオウムたち。今にも動き出しそうです(笑)

中華圏らしいお面もすべてブロックで作られています。

ロダンの考える人。ブロックバージョンはどこか可愛らしいですね。

とっても豪華な冠。

可愛いアヒルの親子に、ミニサイズのペンギン。奥にはサッカー選手にスニーカーまで!

台湾らしいタピオカミルクティー。写真では分かりづらいのですが、特大サイズです!

ここで記念撮影する人がたくさんいました♪

ミロのヴィーナス!

日本のお雛様の飾ってありました。嬉しくなりますね。

台湾のシンボル、台北101!その右側にはアメリカのシンボル、自由の女神です。

ミケランジェロのダビデ像。ビッグサイズとミニサイズで作られていました。

博物館では、上部分も要チェックです!上を見上げてみると、可愛いミニオンがたくさん並んでいました。

懐かしいたれぱんだも発見!

モンスターズインクのマイクもいました。

ブロックアートはキャラクターだけではありません!映画ターミネーターまでありましたよ。

館内の作品は数百件以上!

館内には、数百件以上のブロックアートがあるといいます。

そこまで大きな博物館でないものの、とにかく作品数が多いので、一つ一つ観ていくと思いのほか時間がかかりました。

作品のバリエーションも豊富で、初めに紹介したタピオカミルクティーといった飲み物・食べ物系から、映画モチーフ、キャラクター、そして芸術モチーフまであります!

あまりにも多いので、写真も載せきれません!(笑)

お土産売り場はもちろんブロックアート

子供たちが喜びそうなブロックアートのお土産がずらり!

子供たちだけでなく、ブロックアート好きの方にはたまらない品ぞろえかもしれません♪

まとめ

子供から大人まで楽しめる宜蘭の積木博物館。たくさんの作品を一度に観ることが出来るので、是非訪れてみて下さいね。

以上、「【宜蘭観光】子供受け抜群間違いなし!積木博物館~Brick Art Museum~」の話題でした。

積木博物館~Brick Art Museum~

住所   宜蘭市縣政北路2號

電話   03 925 6180

営業時間 9:00-17:00(最終入場16:30)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする