【新北石門】台湾版ハチ公!巨大な犬の銅像が迎えてくれる「十八王公廟」

こんにちは、タピオカぷりんです。

先日、台湾人の友人に「台湾版の忠犬ハチ公が祭られているお寺があるんだよ!」と教えてもらった「十八王公廟」。

気になったので、早速観に行ってきました!

スポンサーリンク

十八王公廟~台湾版ハチ公が祭られている場所~

忠犬ハチ公と言えば、亡くなった飼い主の帰りを10年間待ち続けた犬のことですよね。

台湾版は、“17人の商人たちが遭難。一緒にいた犬も忠誠を尽くし、飼い主を追って亡くなっった。”という悲しいお話だそう。

17人の商人+1匹の犬が祭られているから、“十八王公廟”という名前になったというわけです。

十八王公廟は何といっても大きな犬の銅像が目印。

これぐらいの距離でも、どれだけ大きいか分かりますよね!

近くまで来ました。大迫力!!

到着しました。廟の前には駐車場が少しと…

大きな犬の銅像です!こんなに大きな銅像、一体どうやって作ったのでしょうか!

せっかく来たので、廟の中も観てみることにします。

山の中にあるので、私の携帯では圏外になっていました。そんなこともあってか、なんとWi-Fi完備です!

外で犬の銅像の写真を撮っている観光客らしき人はいましたが、中はスタッフの方以外誰もいませんでした。

17人の商人と、真ん中中央には犬も祭られています。

小さな船も飾られていました。

左側には犬だけがメインで祭られています。

2階から再び犬の銅像を見る

2階も参拝できるようになっていたので、行ってみました。

二階から見ると見やすいです♪

よく見ると、所々に犬の銅像がありました。

まとめ

廟自体は小さいので、10分もあれば一通り見終わってしまいます。

犬の大きな銅像が見たい!という方は一度行ってみてはいかがですか?♪

ちなみに、山の中なので虫よけスプレーは必須ですよ!

以上、「【新北石門】台湾版ハチ公!巨大な犬の銅像が迎えてくれる「十八王公廟」」の話題でした。

十八王公廟

住所  新北市石門區茂林村坪林52號

電話      02 2638 2453

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする