【台南観光】訪れる価値あり!!台南の寺廟「麻豆代天府」で“天国と地獄”を見物

こんにちは、タピオカぷりんです。

私は台湾のお寺を観光するのが大好きで、いろいろなお寺に行ってきたのですが、今回台南旅行で訪れた「麻豆代天府」は、今までで一番じゃない?というくらい印象的でした!

さっそくレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

麻豆代天府のシンボル

麻豆代天府に到着し、まず目に入ったのがこちらのドーム状の建物です。

カラフルな色合いと、彫刻に目が釘付けに!中には観音様が祭られていました。

天井もとっても綺麗です…!

向かい側の建物も色彩豊かで目を引きました。

こういう色使いは日本ではありませんよね~♪

見どころは何といっても…

麻豆代天府の見どころは何といってもこちら、十八地獄です。

入館料の40元を払い中へ入ります。

この地獄の入り口の降りていくと…そこは地獄絵図。現世で起こした罪を償わなければなりません。

ここは一番初めの審判をされる場面です。何がすごいかって、この人形が動くのです…。

そして、音声は台湾語のため聞き取れませんでしたが、悲痛な叫び声までリアルに表現されており、本当に怖かったです(汗)

八つ裂きの刑や、舌を抜かれる刑など、リアルに表現されておりお化け屋敷さながらでした。

小さい子がいたら絶対泣いてしまうと思います…。

蛇に食べられる刑?これが動くので一層怖いんですよね。

あまりにもリアルだったのであまり写真を撮ってこなかったのですが、こちらの台湾の方で色々な写真が見れます。(怖いですw)

  前陣子,在痞克邦專欄,看到一篇讓我很心動的標題『台灣版的鬼屋』,點進去看,才發現那是我小時候記憶中的場景,不過我已經忘記啦!看到那篇我才想起來的,呵呵...    那是類似高雄蓮池潭龍虎塔的地

結構前に訪れたのですが、今でも印象に残っています。

怖いけれど、麻豆代天府まで行ったら是非見てみてほしいですね。

天国もあります

地獄があれば、天国もあります!

地獄は階段を降り下へ下へという作りだったのですが、天国では階段を昇り上へ上っていきます。

色合いも明るく、地獄とは全然違います。ちなみに地獄はたくさんの人が見学していましたが、天国はガラガラでした。

写真はありませんが、みんなで歌を歌ったり、ゲームをしたり、本当に楽し気な様子な天国でした…!こちらも地獄同様、人形が動きます。

天国の出口は建物の一番上になります。

立派な龍の口の階段から下へ降りていきます。

地獄の後だったので、天国を観たら爽やかな気分になりました(笑)

まとめ

とにかく十八地獄が印象的な麻豆代天府。

台南市の中心区からは少し離れていますが、台南を訪れた際には是非行ってみて下さいね。

以上、「【台南観光】訪れる価値あり!!台南の寺廟「麻豆代天府」で“天国と地獄”を見物」の話題でした。

麻豆代天府

住所  台南市麻豆區關帝廟60號

電話 (06)572-2133

年中無休

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする