【日本語が伝わる病院】キャッシュレス診療もOK!天母にある羅氏皮膚科

こんにちは、タピオカぷりんです。

先日急に蕁麻疹が出来てしまい、台湾で初めて皮膚科に行ってきました。

中国語は日常会話には問題ないのですが、病院となるとやっぱり日本語で診てもらった方が安心なので、天母の皮膚科まで行ってきました。

日本語可の病院で調べると、大体天母にあることが多いですよね。

スポンサーリンク

羅氏皮膚科(羅氏皮膚專科診所)

羅氏皮膚科があるのは、このビルの2階です。

院内は結構混んでいて、番号が呼ばれるまで待合室で待っているという形。(1時間強待ったかな?)

日本語が話せるのは院長先生のみで、受付の方や薬剤師の方は簡単な英語もOKという感じ。海外から来ている患者さんもいたので、国際的な雰囲気でした。

蕁麻疹のほうも、出してもらった薬を塗ったらだいぶ良くなりました!

健康が一番ですが、もしまた皮膚科にお世話になるようなことがあったら、この病院に来たいなと思います。

まとめ

キャッシュレス診療も可能な病院なので、旅行中の方や駐在の方も利用できる皮膚科です。

以上、「【日本語が伝わる病院】キャッシュレス診療もOK!天母にある羅氏皮膚科」の話題でした。

羅氏皮膚科(羅氏皮膚專科診所)

住所   台北市中山北路七段14 巷2號2樓

電話   (02) 2874-3222/(02) 2874-3223

診療時間 上のリンクを参照

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする